February 28, 2014

かぷらぼ!定期更新しました【公正証書遺言のメリット・デメリット】

前々回更新分の「公正証書遺言のメリット」、前回更新分の「公正証書遺言のデメリット」についての解説です。

公正証書遺言のメリットは、自筆証書ではデメリットになっていた部分の裏返しが中心です。


まず、公証人という専門家が遺言書を作りますので法的不備による無効が非常に少ない点です。

公証人の先生は、今までに何度も公正証書遺言を作ってきていますので、具体的な書き方に関する心配はほぼ無いといえるでしょう。

次に、紛失や隠匿、改ざんのおそれがありません

公正証書遺言の原本が公証役場で保管されますので第三者の手が入らないためです。


これら2点のメリットからいえることが、自筆証書遺言よりもより確実に実行されることが期待できることです。

遺言は、性質状うまくいかなかったら改めて作り直すといったことができませんので、ココは非常に大事なポイントです。


また、公正証書遺言は家庭裁判所での検認手続きが不要です。

さらに、自筆をするわけではないので、病状等により字を書くことが出来ない場合でも作成できます


さて、このようなメリットがある公正証書遺言ですが、最大のデメリットは費用です。

詳細は日本公証人連合会のホームページに記載されていますが、公証人に対する手数料だけでも数万円~十数万円はかかってしまうかと思います。

また、専門家に依頼するとさらにプラスで報酬が発生しますので、決して安いものではありません。


費用以外にも手間も相応にかかります。

原則として、公証役場に出向く必要があります

公証人に出張を依頼することもできますが、割増の手数料や日当、交通費などが発生してしまいます。

証人が2人以上必要というのも何気に手間です。

安易な人選もできませんので、行政書士等の専門家に依頼したり公証役場で紹介してもらうほうが良いでしょう。

また、遺言内容を完全に秘密にすることができません

公証人や証人が立ち会う関係で、彼らには遺言内容が知られてしまいます。

もちろん守秘義務がありますが、こういった意味でも人選は大事です。


以上、メリットとデメリットを解説してきましたが、それでも私たちは公正証書遺言をオススメしております。

何と言っても、一番確実に遺言が実行されることが期待できるのが公正証書遺言だからです。



毎週月曜定期更新の「かぷらぼ!」はこちらから!
http://caplab.akari-gyosei.com/



eals_earthbeat at 15:40│Comments(0)TrackBack(0)行政書士 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字