October 27, 2014

「かぷらぼ!」更新分のまとめ【相続手続き ~戸籍収集編・その2~】

前回の記事で、戸籍収集の重要性はおわかりいただけたかと思います。

今回は戸籍の集め方についてです。


戸籍を取得するためには、役所ならどこでも良いというわけではなく、本籍地の役所に請求をする必要があります。


本籍地とは、戸籍事務を管理する市区町村を決定するためのものです。
ですから、本籍地は実は住所にかかわらずどこでも良かったりします。
皇居を本籍地にしたり、離島を本籍地にしたりする話もわりとあるみたいです。

ただし、戸籍を取れるのは、前述の通り本籍地のある役所なので、住所地からあまり遠くだとちょっと不便かもしれません。


さて、相続手続きにあたって戸籍を集めるのは、前回お話したとおり相続人確定のためです。
従って、基本的には亡くなった人の出生から死亡までの連続戸籍を集めることになります。

これが人によっては結構大変な作業です。

本籍地が市町村を跨いでコロコロ変わっているような場合、それぞれの役所から取り寄せなければいけません。


実際に連続戸籍を取るためには、ご存じの方も多いかと思いますが、基本的には役所の窓口へ行きます。
相模原市だと区役所の区民課で扱ってます。
 窓口の人に「相続手続きに使うので、生まれてから死亡するまでの戸籍が欲しい」と伝えると、その通り対応してくれるかと思います。

ただし、あくまでもその役所で管理している分だけです。
相模原市でしたら本籍地が相模原市内の分だけです。
たとえば札幌市から相模原市に転籍してきたような場合、札幌市の分の戸籍は札幌市で取ることになります。


とはいえ、札幌にわざわざ戸籍だけを取りに行くのは誰が考えても現実的ではないと思います。

そこで便利なのが戸籍の郵送請求です。

ちなみに、住民票なども郵送請求ができますので憶えておくといつか役に立つかもしれません。


郵送手続きはどこの役所でも受け付けています。
具体的な手続き方法は、役所ごとに多少違ったりするおそれがありますので、インターネットで検索してみてください。


また、戸籍の取得には手数料がかかります。
戸籍謄本は1通450円、除籍謄本と改製原戸籍謄本は1通750円します。

これらは郵便局で買うことができる「定額小為替」というものを同封して郵送することで支払います。

定額小為替を買うときには、1枚あたり100円の手数料がかかりますので、ご注意ください。



行政書士の仕事を楽しく知ることができる!
「あかり行政書士事務所 かぷらぼ!」はコチラ♪
http://caplab.akari-gyosei.com/



eals_earthbeat at 23:20│Comments(0)TrackBack(0)行政書士 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字